Entries

スポンサーサイト

=外国人登録の携帯と確認申請=

 「外国人登録申請を済ませれば、そのままでよいのだろうか」 16歳未満の者を除いては、新規登録を受けた日から5回目の誕生日から30日以内に、確認登録申請をうけなければなりません。確認登録申請を行ってからも5回目の誕生日ごとに確認申請をしなければならないということです。 新規登録をした時に16歳未満だった場合には、満16歳になった日から30日以内に確認申請をしなければいけません。  そして申請をするだ...

= 外国人登録 =

 「外国人登録をしなくてはいけません」   外交官、在日米軍の軍人軍属とその家族等を除いた外国人は外国人登録の申請をする義務があります。 ただし、入国してから90日以内に日本を出国する場合には登録の義務はありません。 また再入国許可や日本政府発行の難民旅行証明書により入国する場合には、すでに登録済みですので申請の必要はありません。    日本に入国して、90日以上滞在する場合には入国した日から90日以...

= 帰化の申請 =

 「帰化の申請はどのようにおこなうのでしょうか」  帰化の申請は、各地にある法務局または地方法務局を経て法務大臣にすることになっています。 申請に必要な書類は、いろいろと複雑ですので、法務局の窓口で尋ねれば教えてくれます。 申請する本人の居住地によって管轄が決まっていますので、電話などで確認をすることをお勧めします。 法務局によって、相談するためには事前に予約が必要になる場合もあります。   また...

= 特別在留許可 =

 「特別在留許可」はどのようなときに与えられるのでしょうか」 以前に書いたように外国人が日本に在留するためには入管法で定められた在留資格が必要です。 しかし法律で定めた典型的な在留資格以外に、法務大臣が特別に在留を認める場合があります。 これが特別在留許可と言われるものです。  該当条項は定住者と表示されます。 では、どのような場合に特別在留許可が認められるかというと、 特別在留許可は、法務大臣が...

 = 在留資格変更の手続き =

  「在留資格を変更しなければならない事情が生じた場合には、どのような手続きが必要なのでしょうか?」 在留資格の基礎になっている事情に変更が生じた場合には、入国管理局に「在留資格変更」の申請を行う必要があります。   例えば  ・留学生としての在留資格で来日したのちに学校を卒業した  ・日本人の配偶者として在留資格を持っていたが、離婚をした  ・就労の為の在留資格で来日したが日本国籍の人と結婚をし...

Appendix

プロフィール

行政書士高野誠事務所

Author:行政書士高野誠事務所
行政書士 高野 誠
生年月日:昭和48年5月25日
事務所名称:行政書士高野誠事務所
住所:大阪府大阪市住之江区平林南2―12―64エソールビル4階
電話:06―6686―2621

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

宜しければ応援お願いします。

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
7747位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1850位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。